横浜市瀬谷区周辺で、住宅・マンションのリフォーム・改築・雨漏り修理のことならムトウ建設へサイトマップはこちらからお問い合わせはこちらから
ムトウ建設ムトウ建設トップページへ
会社概要リフォーム新築・増改築茶室・鳥居・稲荷雨漏り修理ブログ
住宅・マンションのリフォームの「ムトウ建設」HOME > 雨漏り修理
雨漏り修理

ムトウ建設の雨漏りバスターズ

雨は下から降ります
木造住宅の雨漏り調査・修理工事はムトウ建設へおまかせください。
台風や強風雨などの時、雨は風の巻き込みで下から横から吹き上げて思いもよらないところから漏れてしまいます。思いもよらないと書きましたが実はちゃんと必ず原因があるのです。建築業者がその原因箇所を見逃して施工してしまっているのです。当社の担当者は長い建築施工実績と、豊富な建築経験をもとに、さまざまな雨漏り現場を経験し、修理してきました。今までかかわった雨漏りは100%直しています。さらに同業他社からも依頼が来ています。必ず直します。
雨漏りイメージ 雨漏りイメージ 雨漏りイメージ

雨漏り修理の流れ

雨漏り調査依頼〜見積〜修理工事〜完了までの流れ
お客様からの調査・見積依頼 ・お客様から電話やメールなどで当社へご連絡をください。

・折り返し、訪問日時のアポイント連絡をさせていただきます。

・雨漏れした当日に現調できない場合もありますので、お客様の方
 でも漏れた箇所や漏れ方写真などの記録をしておいてください。
現場にて下調べ(お客様宅訪問)無料 ・現場を見ながらお客様から雨漏れ状況をお聞きします。

・調査方法の検討をします。
(調査のための足場が必要かどうか)
(放水テストなどが必要かどうか)
(調査のための壁・天井に点検口が必要かどうか)など。
調査(有料)をするための見積書提出(見積は無料) ・調査をするための費用を見積ります。

・電話、FAX、メール、郵送などで見積書を提出します。
お客様からの調査依頼
・お客様が見積内容のご理解をいただいた上で、調査依頼のご連絡を下さい。
雨漏り箇所原因調査(有料)
・目視や放水テストで漏れ箇所・原因を追究。

・調査をするために、天井や壁に点検のための開口を設けたり、足場を架けた りする場合があります。

・まれに1回の調査では追求できない場合もあります。別途再調査となります。

・調査に必要な電気・水道水などは、お客様宅より無償支給願います。
調査結果報告書提出 修理見積書提出
・調査当日に原因がわかれば現地にて概略口頭にて報告します。

・後日、写真・書面にて報告書を提出します。

・修理をする場合の見積書も提出します。

・調査費用の請求書を提出します。
お客様にて調査費用のお支払い
・お客様にて調査費用をお支払いください。(振込、現金受取 どちらでも良いです。)
お客様からの修理工事依頼
・お客様が見積内容のご理解をいただいた上で、修理工事依頼のご連絡をください。(修理金額が高額の場合は請負契約書を取り交わす場合もあります。)
修理工事〜工事完了
・修理工事内容の確認打ち合わせ後に、修理工事着工します。(近隣挨拶が必    要な場合には、事前に挨拶廻りをします)

・雨漏りの被害状況によっては見積の範囲を超えてしまうことがありますが、別途お客様と協議の上修理工事を進めてまいります。

・工事中の写真を添付して完了報告書を提出します。

・修理工事費用の請求書を提出します。
お客様にて修理費用のお支払い ・お客様にて修理工事費用をお支払いください。


雨漏りの原因
雨漏りイメージ
[原因例1] 外壁サイディングのシールが剥離し、和室内の内壁に雨漏り。
→ 和室ふかし壁部分の防水処置がされていなかった。

雨漏りイメージ
[原因例2] ベランダ掃き出しサッシ入隅部から漏水、1階リビング天井に雨漏り
→サッシと入隅壁・ベランダ防水との取り合い部の防水処置が不良。

雨漏りイメージ
[原因例3] 軒天材と破風板材との隙間から室内天井に雨漏れ
→ 軒天材の伸縮により端部の隙間が広がってしまい、雨漏れ。軒天端部と破風板がシールされていなかった。
神奈川県以外の遠方の方はこちらをご参考にしてください。

雨漏り119  http://amamori119.jp/

会社概要プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ

有限会社ムトウ建設 〒246-0035 横浜市瀬谷区下瀬谷3-20-14
TEL: 045-301-6532 / FAX: 045-301-6754

お見積もり・お問い合わせはこちらから

COPYRIGHT© MUTOH CONSTRUCTION CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.